高級な料亭や航空機のファーストクラスなどで世界のVIPに人気を博すようになった日本酒「十四代」。高木酒造には十四代の他にも、カジュアルに飲める銘柄もある。ただ、当初は流通に四苦八苦した。日本酒を世界に雄飛させる。いつか継ぐ「辰五郎」の名に恥じぬよう、高木社長は今日も修業に励む。

高木顕統[たかぎ・あきつな]氏
高木顕統[たかぎ・あきつな]氏
1968年山形県生まれ。東京農業大学醸造学科(現醸造科学科)卒業、東京の高級スーパーでバイヤーに。家業の高木酒造で杜氏が引退し、江戸時代初期から続く蔵がピンチに。同時期に「運命的な一杯」の酒と出合い、帰郷して酒造りを担う。銘酒「十四代」で「芳醇(ほうじゅん)旨口」の時代を切り開き、2015年から社長。(写真=伊藤 菜々子)

 「手ごろな価格帯のお酒も、最高の品質で勝負したい」

 蔵の冷蔵スペースに積まれた一升瓶のケースを見上げ、私は考えていました。家業の酒造りを継いでから、やっとの思いで東京への販路を築き始めた1995年のことです。自分で手掛けた日本酒のラインアップの中で、売れ筋の銘柄ができつつあったのはうれしかった。ただ、味わいに自信があっても、純米酒や吟醸酒の陰に隠れていた商品もあったのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1896文字 / 全文2246文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「不屈の路程」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。