ひ弱だった少年は、海外の有名登山家が著した本と出合い、山に関わる仕事で生きる覚悟を決める。会社を転々としながらも登山家として成長するうち、「自分でものづくりがしたい」という志が芽生えた。7坪の雑居ビルから始まったモンベルは、一歩ずつ登山用具メーカーとしての道を切り開いていった。

辰野勇(たつの・いさむ)氏
辰野勇(たつの・いさむ)氏
1947年大阪府堺市生まれ。山ひと筋の青年時代を過ごす。69年にアイガー北壁の登はんに成功し、当時の世界最年少記録を達成。75年にはモンベルを設立し、日本を代表する登山用具メーカーに育てた。米国やスイス、中国など、海外にも展開している。現在はアウトドアスポーツの振興や地域活性化、災害支援活動に取り組む。(写真=菅野 勝男)

 山登りが好きになり、登山用具の会社まで興したのは、幼少期の経験が関係しているからでしょうね。

 僕は8人兄弟の末っ子です。親にとっては年を取ってからの子どもで、大事に育てられたと思います。体が弱かったので、家にこもっていることが多かったですね。

 実家はすし屋を営んでいて、両親とも忙しくしていました。遊び相手は、仕入れた品物を店に運びに来る「栗山のおっちゃん」。配達が終わると自転車の後ろに乗って家へ連れていってもらい、日がなおっちゃんの所で遊んでいました。

 小学校高学年の時、奈良と大阪の境目にある「金剛山」で雪中登山する学校行事がありました。でも、ひ弱だった僕は、校医さんから「君は居残りしなさい」と言われてしまった。連れていってもらえず、悔しかったなあ。商都大阪の堺という市街地で生まれ育ったこともあり、自然への憧れもありました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1897文字 / 全文2420文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「不屈の路程」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。