すし事業の失敗から再起を懸けたパソコン代理店事業で、ゲームの世界にビジネスの鉱脈を見いだす。コンピューターゲームの企画販売会社「エニックス」を設立して、若いクリエーターをコンテストで発掘。「ファミコン」の登場で沸騰し始めたゲーム市場に、“国民的ゲーム”となる「ドラゴンクエスト」を投入した。

福嶋康博(ふくしま・やすひろ)氏
福嶋康博(ふくしま・やすひろ)氏
1947年北海道生まれ。75年に公団住宅などの募集情報を発信する「営団社募集サービスセンター」を設立。82年にエニックスを立ち上げ、ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズなどを世に送り出す。2003年には合併で誕生したスクウェア・エニックス会長に就任。経営を離れてからはアジアでのボランティアなどに取り組む。(写真=竹井 俊晴)

 持ち帰りすし事業はオープンから3カ月で撤退。年間約3億円を売り上げていた不動産情報誌も将来性に乏しい……。「日本一」を目指す私は、めげずに成長の機会を探っていました。そして、新たな鉱脈をゲーム産業に見いだします。今回はすし事業の敗退から「ドラゴンクエスト」が生まれるまでの経緯を紹介しましょう。

 すしの失敗から再起を図るべく、米国で急速に普及が進んでいたコンピューターに社運を懸けました。東芝の「BP100」というオフィスコンピューターが売れていると耳にした私は、手始めにこの機器の代理店事業を始めました。高額商品のため、営業を始めた当初はほとんど契約が取れずに悩みました。

 新聞広告を打ったり、利用者の困りごとに焦点を当てた営業をしたりと工夫を重ね、着実に業績を伸ばしました。売り上げが代理店のトップになったこともあるんですよ。ただ、BP100の販売を通じて「ビジネス用の伸びしろは大きいが、今は時期尚早だ」と感じました。当時のパソコンはまだゲーム用途が主流だったのです。そこで、コンピューターゲームの企画販売を手掛ける「エニックス」を設立します。1982年のことでした。

野に潜む才能を発見せよ

 ゲームの黎明(れいめい)期は、クリエーターが個人的に開発したソフトを、企業が買い取って販売するのが一般的。私は「野に潜む才能を発見し、一堂に集められないものか」と考えました。そこで、ゲームソフトのコンテストを思いつきます。パソコンショップなどにポスターを貼って作品を募りました。コンテストを開催する会社は他にもありましたが、私は勝負に出ます。30万円が一般的だった最高賞金を、「最優秀賞は100万円」とぶち上げたのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1624文字 / 全文2490文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「不屈の路程」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。