家業の手伝いに駆り出された少年時代、父への反発から進学を機に東京で暮らし始めた。大学時代に起こした事業の失敗で500万円の借金を抱え、生涯最悪といえる危機に陥る。困窮する息子をあえて突き放した父。重里氏は社会にもまれ、人間の怖さと優しさを学んだ。

重里欣孝(しげさと・よしたか)氏
重里欣孝(しげさと・よしたか)氏
1958年大阪市生まれ。82年、日本大学法学部卒業。家業だったすし屋の見習いなどを経て、87年にサト(現SRSHD)入社。93年に創業社長だった父の急逝によって35歳で代表取締役社長に就任。バブル崩壊後の経営不振から脱却するために、和食レストランへの業態一本化など構造改革を成し遂げた。趣味はゴルフ、読書。座右の銘は「愛、生きぬく」。(写真=菅野 勝男)

 父(故・重里進氏)が急逝し、35歳でサト(現SRSホールディングス)の社長に就任した僕は、若さゆえに当時の経営陣からそっぽを向かれました。悔しさを糧に奮い立ったと前回お話ししましたが、厳しい局面であっても僕はひるみません。それは学生時代の強烈な経験があるからかもしれません。少し遡りますが少年時代からの体験を語らせてください。

 僕は中学生の頃から家業のすし屋で手伝いをやらされていました。職人上がりの店長さんの指導は厳しかった。大嫌いだったのは冬の皿洗い。冷水で洗うのはつらかった。水と洗剤をパパッと付けて、ええかげんに洗っていました。湯飲みに洗剤が残っていてお茶が泡立ったりすると、「なんやこれは!!」と叱られたりしてね。でも、謝りたくないから「はーい」って聞いたふりをしていました。

 ええかげんでしたねぇ。勉強も嫌いで、「おまえみたいなアホは見たことない」と父に叱られて。奇跡的に日本大学法学部に合格したので、上京することになりました。進学先に東京を選んだのは、「親元を離れて自立したい」という思いが強かったからです。まあ、大阪に残ると働かなきゃダメなのも嫌だったんですが(笑)。

少年時代の重里欣孝氏(左写真、左下)。当時から家業を手伝っていた。父の進氏(右写真、上)は幼少期から厳しく、欣孝氏は反発心から東京の大学へ進学した
少年時代の重里欣孝氏(左写真、左下)。当時から家業を手伝っていた。父の進氏(右写真、上)は幼少期から厳しく、欣孝氏は反発心から東京の大学へ進学した

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1740文字 / 全文2371文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「不屈の路程」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。