パソコンのマウスやスマートフォンのケースなど、周辺機器やアクセサリーを手掛けるエレコム。かつてパソコン業界で「ひも屋」と軽視された創業者の葉田順治氏は、高収益企業を築いた。誰もやりたがらない「面倒くさい」サプライチェーンは、どのように生まれたのか。

 30年ほど前、日本興業銀行(当時)の調査部の方がいらして、「こんなビジネスモデルを続けていたら中国企業が出てきて潰されますよ」とばかにされたことがありました。僕は、そんなビジネスを1986年の創業以来続けています。

 僕が立ち上げたエレコムは、マウスなどのパソコン用入力・出力装置やスマートフォンのケースといったアクセサリーなどを手掛けています。せいぜい数千円の製品が中心で、単価の安いものばかり。世の中の通販サイトには似たような製品がゴロゴロあります。

 そんな製品ばかり扱っていてもうかるのかと思われるかもしれませんが、2020年3月期には売上高が1030億円、営業利益は134億円の計画で、19年3月期のROE(自己資本利益率)は東証1部上場平均の約10%を上回る18.6%でした。

 今期計画を達成すると7期連続の増収増益になると期待されたり、19年12月に米ハーバード大学のマイケル・ポーター教授にちなんだ「ポーター賞」をいただいたりしましたが、成功しているとか戦略が優れているとか言われても実感がありません。一橋ビジネススクールの楠木建教授に「もうかっていますね」と言われたとき、「僕を守銭奴みたいに言わないでください」と答えてしまったほどです(笑)。数字はこれまでがむしゃらにやってきた結果として出ているものであって、経営は大きな流れの中にあるものですから。

7期連続増収増益を見込む
●エレコムの売上高と営業利益
<span class="fontSizeM">7期連続増収増益を見込む<br /><small>●エレコムの売上高と営業利益</small></span>

 エレコムは工場を持たないファブレスで事業をしています。ほとんどの製品の生産を、中国や台湾を中心とした海外の工場に委託しています。

 中国での生産比率が高いので、新型コロナウイルスの感染拡大には危機感を強めています。製品によって違いはあるものの、幸い2カ月分ほどの在庫を持っているため、今のところ製品をお届けできないということはありません。ただ、パソコンメーカーの在庫は2週間ほどと少なく、品薄になり始めているようです。パソコンが売れなければ周辺機器も売れません。新型肺炎はこれまで直面したことがない危機です。生産委託先の拡充も含め、対応策を考えるように社内に号令をかけています。

 僕はネガティブな人間ではないと思っていますが、新型肺炎が引き金になって恐慌が起こるのではないかと不安になります。かつて家業が潰れた経験があるからでしょう。没落していくのがいかに哀れなものかを分かっているから、常に最悪の事態を考えてしまう。

次ページ 誰もやらない面倒くさい事業