クールな印象の秘書だったが、日本酒という言葉で人懐こい笑みを浮かべ、古賀に会釈して部屋を出ていった。南雲がたっぷりとミルクをコーヒーに注ぎ始めた。

 「失礼ながら、用件に入らせていただきます」

 古賀は声のトーンをわざと下げ、言った。異変を察知したのか、南雲が顔をあげた。

 「ええ、どうぞ」

 対面の南雲が首を傾げた直後、古賀は切り出した。

 「人任せにできない性分、ですか」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5154文字 / 全文6309文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題