全6238文字
前回までのあらすじ

 日銀の副総裁が行内不倫で辞任し、日銀の体質を問う声が上がり始める。月刊誌の経済担当の記者、池内貴弘は後任人事の取材のため、元日銀マンの南雲壮吉に会う。会社に戻り、南雲に聞いた元副総裁の不倫の情報を何気なく口にすると、会社のカメラマンの堀田がいきなり憤った。

前回を読むには、こちらをクリックしてください

(6)

 「ちょっと、離してくださいよ」

 池内は胸元にある堀田の手首をつかんだ。

 「だから、その話を誰に聞いたんだよ?」

 堀田のこめかみに幾筋も血管が浮き出し、両目が充血していた。大きな丸顔がさらに池内の鼻先に近づき、ニンニクダレの臭いが鼻先に漂う。

 「ちゃんと話しますから、手を離してください」

 むせながら池内が言うと、堀田がようやく手を離した。

 池内は周囲を見回した。2、3人が好奇の目を向けていたが、動じる様子はない。編集方針をめぐってしばしば社内で小競り合いが起こるので、見慣れているのだ。

 「悪い、あまりにもリアルだったからな」

 辞任した瀬戸口前副総裁と秘書は人目もはばからず、エレベーターでいちゃついていた……南雲から聞いた話を池内は口にした。だが、その一言で堀田は激高した。

 「取材で会ったばかりの人物です。直接目撃したようでした」

 「それ、本当か?」

 「嘘なんかじゃありません」

 「ウチの編集会議で、俺はその肉声を聞いた」

 瀬戸口副総裁のスキャンダルを追うと決め、週刊新時代では記者とカメラマンの精鋭が集められた。会議の席上、編集長が音声データを開示したという。そのときの文言が、池内が漏らした言葉と完全に一致したのだ。

日経ビジネス2020年6月22日号 50~53ページより目次