日銀は新時代の記事を憶測だと切って捨てた。広報課長の名前でリリースを出すと同時に、公式サイトでも新時代が報じたような中身はないと全面否定した。

 大林がわざわざ神保町の事務所を訪ねてきた。膨大なメディアの過去記事をストックするヘルマン・アセットの運用部隊は、AIを駆使して動く。大林は新時代の報道スタイル、いや、相手を追い込み、奈落の底に突き落とすやり方を見抜いていた。

 海千山千の政治家である磯田も同様だ。日銀が杓子定規に否定コメントを発表し、後戻りできなくなることを磯田はなにより恐れていた。

 〈否定も肯定もできません。河田さんに恩義があるのは重々承知していますし、忘れたことはありません。でも、それとこれとは別問題です〉

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4878文字 / 全文6198文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題