「弛緩した組織は隙だらけです。食べ残しのないようにしてくださいね」

 小松が丁寧な口調で告げると、高津が満面の笑みで返すのが横目でわかった。これが数々のスクープをものにした強者の凄みだ。口いっぱいに含んだ白米を流し込むため、池内は味噌汁腕を手に持った。唐揚げは大好きな一皿だが、とても味わう余裕などない。

 「それじゃ、お先に」

 空いた丼をトレイに載せ、高津が先に席を立った。池内は紙ナプキンで口元を拭い、空いた丼や皿をトレイに重ねた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4781文字 / 全文6076文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題