あれこれ考えを巡らせていると、小松が口を開いた。

 「この一件を覚えていますか?」

 スクラップブックを開き、小松が池内の前に置いた。

 〈三田電機、不正会計の詳細を発表 7年間で総額1500億円〉

 日本実業新聞の1面記事が目の前にある。

 「もちろん、覚えています」

 日本を代表する総合電機メーカーに関する記事だ。電球から原子力発電所まで三田電機はありとあらゆる電化製品を作り、世界中に届けてきた企業だ。

 しかし5年前、財界トップを何人も輩出した名門企業はスキャンダルにまみれた。半導体や電機製品など主要部門ごとに売上と利益を操作し、巨額の損失を隠していたのだ。由緒正しい企業の悪事に日本中が驚嘆し、マスコミの取材合戦が過熱した。

 三田電機は半導体部門など稼ぎ頭を次々と売却してなんとか隠れ損失をカバーし、目下再建に向けてフル稼働している。

 「これはどうですか?」

 ページをめくり、小松が言った。

 〈ゼウス光学、社長ら経営陣が総辞職 海外子会社の不透明取引で引責〉

 池内は大和新聞の記事に目をやった。日付は10年近く前で、社長以下幹部が会見で頭を下げている写真とともに大見出しがついている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4707文字 / 全文6261文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題