この記事は日経ビジネス電子版に『文化的差異の8指標、世界のレンズで見た日本の姿とは』(2021年8月13日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』9月6日号に掲載するものです。

異文化経営のスペシャリストとして、エリン・メイヤー教授が注目されるきっかけとなった分析ツール「カルチャー・マップ」。そこから得られる示唆とは。また、コロナ禍はグローバル組織の運営に、どのような影響を及ぼしているか。

エリン・メイヤー[Erin Meyer]
INSEAD(インシアード)マネジメント実践教授
大学卒業後、米政府が運営するボランティア組織「平和部隊」の一員としてアフリカで2年間英語を教える。INSEAD客員教授を経て2021年から現職。専門は異文化経営で、企業幹部向けプログラム「国境と文化を超えるリーダーシップ」のディレクターも務める。世界各国の文化を8つの指標で分析する「カルチャー・マップ」で注目を集め、世界で最も影響力のある経営思想家を選ぶ「Thinkers50」に過去2度選出。

 INSEAD(インシアード)のエリン・メイヤー教授が提唱した「カルチャー・マップ」は、企業の管理職の行動のなかでも文化的差異が最も出やすい8分野を指標として、世界各国の文化をマッピングしたものだ。例えば「コミュニケーション」の指標では、言葉以外の情報(コンテクスト)を重視するハイコンテクスト型の傾向が強いのか、言葉に重きを置くローコンテクスト型の傾向が強いのかを評価する。「見解の相違」の指標では、意見が食い違うときに対立をいとわないか、対立を回避しようとする傾向が強いのかを評価する。文化に注目すべき理由を、著書『異文化理解力』(英治出版)では、次のように指摘している。

文化の影響に無自覚な管理職

 国をまたいで仕事をするマネジャーの大部分は、文化が自らの仕事にどのような影響を与えているかほとんど理解していない。何十年も文化をまたいで仕事をし、各国へ頻繁に出張しながらも、文化が自分に与えている影響に無知で無自覚なことがよくある。

 現代はどこで働いていてもグローバルなネットワークの一部だ。他の文化を読み解く方法を知り、陥りがちなわなを回避する方法を知らなければ、行き違いや不要な対立、決定的な失敗が生じる。文化の違いに注目するとステレオタイプに陥る懸念もあるだろうが、文化の差は関係ないと思って他者と接すると、自分の文化のレンズを通して相手を見るため判断を誤ることもある。

 もちろん個人差はある。カルチャー・マップが示す各国の位置は、膨大な数の管理職への聞き取り調査から、それぞれの国で許容された、あるいは適切とみられる「平均点」を出し、さらなる聞き取りで微調整する方法で決めた。メイヤー教授が強調するのは、文化の相対的位置を見ることの重要性だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2631文字 / 全文3826文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。