米国ではアジア系移民が社会的に成功を収めているが、リーダーとして注目される機会は少ない。ジャクソン・ルー米マサチューセッツ工科大学(MIT)助教授が、要因を統計的に分析した。

ジャクソン・ルー[Jackson Lu]
米マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院助教授
米ウィリアムズ大学を首席で卒業。2010年、早稲田大学国際教養学部に半年留学、その後米コロンビア大学経営大学院で組織行動論の博士号(Ph.D.)を取得、18年から現職。文化とグローバリゼーションが専門。19年、米Poets and Quants誌「40歳以下のベストビジネススクール教授」に選出された。

 米国ではアジア系移民が大勢、社会的に成功を収めている。統計的にも、アジア系移民は他の人種グループより高い教育を受け、より豊かになれる傾向があるとされてきた。それにもかかわらず、東アジア系が米国の組織のリーダーとして注目される機会は少ない。

人種による処遇の不公平感を「見える化」
注:(左)いずれも、米国内の各人種の人口100万人当たり 。(右)「私は時々人種を理由に不公平に扱われている」に対し1=全く同意しない~7=強く同意する、の程度で回答した平均。
出所:いずれもルー氏らの共同研究「Why East Asians but not South Asians are underrepresented in leadership positions in the United States」(米科学アカデミー紀要、2020)

 米国社会には「バンブー・シーリング(竹の天井)」がある。アジア系が昇進しづらい状況について、女性が昇進できない見えない壁を指す「ガラスの天井」をもじってできた言葉だ。実力のあるアジア系が組織でなかなか昇進できない現象が長年、指摘されてきた。中国出身の気鋭の経営学者、米マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院のジャクソン・ルー助教授が詳細に分析したところ、いわゆる「差別」や「格差」とは違ったところに、大きな要因があった。ルー助教授の解説を聞こう。

 「私は学生時代に日本語を専攻し、早稲田大学に留学した。英国にも住んだ。東アジア系は儒教文化の影響が色濃いため、謙虚にふるまうことや調和、安定を好み、自分の意見を言うことを好まない。インドやパキスタンといった南アジア系は、何百年の長い歴史の中で、そもそも自己主張が強く、さらに議論を好む文化だと思う」

 例えばインド人は、米アルファベットおよび米グーグルのサンダー・ピチャイCEO(最高経営責任者)、米ハーバード経営大学院のニティン・ノーリア学長といった著名な出世組がいる。だが日本人や中国人では、そうした活躍はあまり見当たらない。

続きを読む 2/3 英語ができても関係ない

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1349文字 / 全文2484文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。