野中郁次郎一橋大学名誉教授らによる共著『失敗の本質』は、太平洋戦争で日本軍が敗北した本質を分析したものだ。成功体験で沈む組織には共通点がある。

野中郁次郎[Ikujiro Nonaka]
一橋大学名誉教授
1935年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業。富士電機製造(現富士電機)を経て、67年に米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院に進学、72年博士課程修了。82年に一橋大学産業経営研究施設教授。「ナレッジマネジメント」「SECIモデル」といった理論を広めた。富士通や三井物産の社外取締役を歴任。2017年にはカリフォルニア大学バークレー校最高賞の生涯功労賞を授与された。(写真=吉成 大輔)

 米海兵隊の「実践知リーダーシップ」を解説した第7回では、常に自らの存在意義を問い続ける、知的機動力に優れた米海兵隊の組織分析を紹介した。米海兵隊は国際的な環境の変化の中で度々不要論にさらされつつも、そのたびに存在意義を自問自答し続け、「水陸両用作戦」などの革新的な戦略を編み出し、変革を続けてきた自律分散型の組織だった。

 野中教授は、米海兵隊は、太平洋戦争時代の日本軍とは様々な点で対照的である、と代表的共著『失敗の本質』で分析している。例えば、成功体験に浸りすぎた日本軍と異なり、米海兵隊は当時から自己否定を繰り返し、革新的な戦術を模索し続けていた。

 「太平洋戦争における海兵隊の『水陸両用作戦』の基本構想は、『海から陸をたたく(フロム・ザ・シー)』、つまり、太平洋の島しょに点在する日本軍の前進基地を、海兵隊が1つずつ奪取していくという飛び石(アイランドホッピング)作戦であった。

 太平洋戦争が始まる20年も前から、日本軍の南太平洋における将来の台頭を予見して、教義を創り上げ、組織を改編し、開戦後も18回の実戦ごとに絶えず改良を加えながら、『水陸両用作戦』という極めて革新的なコンセプトを完成させていったのである(下の図を参照)」

米海兵隊の「水陸両用作戦」で日本軍を撃破
●太平洋戦争における米軍の作戦イメージ
<span class="fontSizeL">米海兵隊の「水陸両用作戦」で日本軍を撃破<br /><small>●太平洋戦争における米軍の作戦イメージ</small></span>
[画像のクリックで拡大表示]

中国の台頭でさらに進化

 さらに米海兵隊はここにきて、再び「フロム・ザ・シー2.0」ともいえる、イノベーションに取り組んでいる。その骨子となるのが、2020年3月末に発表された「Force Design 2030(2030年の戦力設計)」だ。太平洋戦争時に展開した『水陸両用作戦』に匹敵する大胆な変革である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1472文字 / 全文2458文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。