エーザイは、内藤晴夫CEO(最高経営責任者)の主導の下、野中郁次郎教授のSECIモデルを経営に取り入れ、かつ自ら改良を加えてきた。その実践の軌跡をたどる。

野中郁次郎[Ikujiro Nonaka]
一橋大学名誉教授
1935年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業。富士電機製造(現富士電機)を経て、67年に米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院に進学、72年博士課程修了。82年に一橋大学産業経営研究施設教授。「ナレッジマネジメント」「SECIモデル」といった理論を広めた。富士通や三井物産の社外取締役を歴任。2017年にはカリフォルニア大学バークレー校最高賞の生涯功労賞を授与された。(写真=吉成 大輔)

 野中郁次郎・一橋大学名誉教授の「SECIモデル」を、経営に取り入れている企業の代表格がエーザイだ。経営の現場で実践することを通じて、野中教授の理論の進化に貢献している。

 「経営学に長年携わってきたが、いつまでたっても改良の余地が多々ある。経営の現場と関わるたびに、アイデアがどんどん出てくるのだ。

 エーザイ創業家からのトップ、内藤晴夫CEO(最高経営責任者)は、ある意味で同志だ。内藤氏は、日本企業で最初に知識創造理論を経営に取り入れた経営者だ。私は最近、人間的な戦略、『ヒューマナイジング・ストラテジー』を提唱しているが、その実践例がエーザイである。

 内藤氏と知り合ったのは、彼と同じ米ノースウエスタン大学経営大学院出身の奥村昭博慶応義塾大学名誉教授の紹介だった。彼がヒューマン・ヘルスケア(hhc)という企業理念を定め、その実現に向け試行錯誤している時期だった。経済同友会のプロジェクトで一緒になったが、共同化から始まるSECIモデルに強く共感してもらった。あれから、もう四半世紀になる」

 1989年には、ヒューマン・ヘルスケア(hhc)の企業理念を構想した内藤氏は、野中教授の知識創造理論、SECIモデルに強く共感。97年にはhhc活動の推進部隊として、社長直轄組織である「知創部」を創設した。エーザイは、野中理論の鍵である、社内外の思いを集め、知を生み出す「場」の創出に長年取り組んできた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1639文字 / 全文2561文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。