前回は、野中郁次郎教授が日本企業のイノベーションから「暗黙知」を着想するまでを追った。今回は、現在経営学の世界で最も注目を浴びる概念「ダイナミック・ケイパビリティー」に、野中教授が「場」を生かす助言を送る。

野中郁次郎[Ikujiro Nonaka]
一橋大学名誉教授
1935年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業。富士電機製造(現富士電機)を経て、67年に米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院に進学、72年博士課程修了。82年に一橋大学産業経営研究施設教授。「ナレッジマネジメント」「SECIモデル」といった理論を広めた。富士通や三井物産の社外取締役を歴任。2017年にはカリフォルニア大学バークレー校最高賞の生涯功労賞を授与された。(写真=吉成 大輔)

 企業の価値は所属する人の「思い」から生まれる。暗黙知をはじめとするその「思い」を有効活用すれば、企業は自らの力で価値を生み出せるし、変革もできる──。野中教授が1980~90年代に確立したそんな考え方は、当初は目新しいものだった。

 当時の経営学はいわば「静的な産業構造論」。多くの学者は「既存の価値をいかに保護するか」という研究に終始し、その価値をどう増幅させるかといった「能動的な視点」を持つ研究者は少なかったのだ。

 だが今では経営学の主流は、静的な状況分析などではなく、企業の変革やイノベーションをいかにして起こすかを考える、まさに野中教授が唱えてきた「動的な戦略論」に移りつつある。現在最も注目を浴びている概念で、スウェーデンのイケアや富士フイルムなどの具体例でも知られる「ダイナミック・ケイパビリティー(以後DC)」もその一つだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1794文字 / 全文2510文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。