日本企業のイノベーションを大々的に紹介し、世界的に業績を認められた野中郁次郎教授。「暗黙知」に着目した当時の理論は、今の日本企業ももう一度立ち戻るべき、革新の原点でもある。

野中郁次郎[Ikujiro Nonaka]
一橋大学名誉教授
1935年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業。富士電機製造(現富士電機)を経て、67年に米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院に進学、72年博士課程修了。82年に一橋大学産業経営研究施設教授。「ナレッジマネジメント」「SECIモデル」といった理論を広めた。富士通や三井物産の社外取締役を歴任。2017年にはカリフォルニア大学バークレー校最高賞の生涯功労賞を授与された。(写真=吉成 大輔)

 ノーベル賞経済学者ハーバート・サイモン(故人)と米スタンフォード大学名誉教授だったジェームズ・マーチ(故人)らが提唱した「人間は限定的な情報処理システム」との考え方。こうした見方に違和感を覚えた野中教授は世界に先駆けて、人間は「思い」こそが重要であり、「思い」の結集こそが革新を起こすとの理論を打ち出した。

 「『知識創造の経営』(日本経済新聞出版)を日本語で出版し、竹内弘高に英語にするうえでのサポートを頼んだところまでは前回、話した。2人で英訳に取り組み、かんかんがくがく、議論しながらできた要約版が『The Knowledge-Creating Company』である。1991年に『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)誌に掲載された」

 この「The Knowledge-Creating Company」こそ、今ではビジネスパーソンの間で普通に使われている「暗黙知」という概念を一躍、有名にした論文である。理論のベースとなったのは、松下電器産業(現パナソニック)やホンダ、キヤノン、NEC、シャープ、花王といった日本を代表する企業の1980年代のイノベーションだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1760文字 / 全文2608文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。