『知識創造企業』など組織が生み出す「知」に焦点を当てた研究を世に打ち出した功績で、世界の経営学界に名をはせてきた一橋大学の野中郁次郎教授。今回から、その理論と実践、考察の道のりなどについて連載する。

野中郁次郎[Ikujiro Nonaka]
一橋大学名誉教授
1935年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業。富士電機製造(現富士電機)を経て、67年に米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院に進学、72年博士課程修了。82年に一橋大学産業経営研究施設教授。「ナレッジマネジメント」「SECIモデル」といった理論を広めた。富士通や三井物産の社外取締役を歴任。2017年にはカリフォルニア大学バークレー校最高賞の生涯功労賞を授与された。(写真=吉成 大輔)

 「知識創造企業」「SECIモデル」……。企業が創り出す知識を巡る理論で、日本企業の発展を支えてきた野中教授。これまでの変遷をたどりながら、野中教授の思いを「追体験」。読者が自身の「経営論」を編み出すヒントにしていく。その探求の旅は、「革新はどこから生まれるのか」から始まった。

 「現在展開している『知恵(Wisdom)による経営』について論じる前に、最初の『知識創造企業』について着想した背景についておさらいをしておきたい。私が米カリフォルニア大学バークレー校に留学した時、経営学という分野はまだ黎明(れいめい)期にあった。当時は、『ドイツ経営学』と『文献解釈学』が大勢を占める中で実証研究に目を向ける新しいタイプの研究者が出始めた時期であった。私は後者だった。

革新の元は「思い」である

 当初は情報処理モデル、環境適応(コンティンジェンシー)論という分野を研究した。しかし、環境を変革する、つまり新しい価値創造、イノベーションを説明するとなると、情報の『意味づけ』や『価値づけ』の問題が出てくる。情報自体は、ある意味無味乾燥なものだ。人間の温かみはなく、まさにビットで測定できる世界だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1790文字 / 全文2630文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。