マーケティングの父、フィリップ・コトラー教授。最終回は、買い過ぎ・作り過ぎの世の中を変える方法を考察する。キーワードは「GDP信奉からの脱却」だ。

フィリップ・コトラー[Philip Kotler]
米ノースウェスタン大学経営大学院名誉教授
1931年生まれ。米マサチューセッツ工科大学で経済学の博士号を取得(Ph.D.)、その後米ノースウェスタン大学経営大学院の教授に就任。「近代マーケティングの父」と称される。教科書として版を重ねる『コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント』(丸善出版)ほか、著書多数。

 いよいよ最終回となったマーケティングの父、米ノースウェスタン大学経営大学院のフィリップ・コトラー教授の「新常態のマーケティング教室」。今回はシリーズの中でたびたび話題にしてきた、新しい資本主義の在り方についてさらに掘り下げ、新時代のマーケティングの姿を探っていく。

まずは税制で格差を解消する

 「資本主義の大きな問題の一つは、貧富の格差がすさまじいことだ。所得格差問題に立ち向かう重要な手段は税制である。富裕層はもっと高い税金を払う必要がある。低所得層に高い税金は払えないが、中間層の分は少しだけ高くできる。我々は富裕層の富が分け与えられることに感謝する一方、政府が税金を爆弾や戦闘機の製造に使わない証明も求めるべきだ。

 もし裕福な人が(高い税率で)課税されそれで戦艦を造るのなら、私は納税したくないので国を去るだろう。しかし税金を、大学に行く資金のない学生を支援するためとか、保健福祉の向上のために使うというなら話は別だ。いわゆる億万長者も高額の税金を払うことに、今よりはちゅうちょしないはずだ。

 日本人は、こうした哲学に共感できる人々だと思っている。学校に通えるだけの素質がある人は、学校に行くべきだ。また、病気の人を、(経済的に)病院に行けないというだけの理由で、苦しみ続けさせてはいけない」

 税金の使い方の工夫で格差拡大を食い止めよう、と教育や医療への再分配を求めるコトラー教授。現在の資本主義の在り方にも厳しい視線を向ける。

 「適切な所得再分配をするうえで、ミルトン・フリードマンが掲げた(株主第一の)資本主義には、致命的な欠陥がある。彼は、雇用を増やせば人々がより幸せになれるのかどうかについて、全く考察していないからだ。

 そもそも幸福を測るものさしがない。現在、GDP(国内総生産)が経済の指標だが、これは産出の増減の指標であるにすぎない。確かにGDP成長率の停滞は人々の怒りをくすぶらせているようにも見えるが、だからといって、皆が一生懸命働いてGDPが増えれば人が幸せになるとは思えない。たばこや銃のような筋の悪い製品での成長は、幸福度をむしろ引き下げるのではないのか」

 幸福度を下げるのは筋の悪い製品だけでない。筋の悪い売り方もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1331文字 / 全文2523文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。