全2951文字

日本でも注目を浴びつつあるユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)。貧困対策として効果が期待されているが、現実問題として導入は進むのだろうか。

アビジット・バナジー[Abhijit Banerjee]
米マサチューセッツ工科大学(MIT)経済学部教授
(写真=Bryce Vickmark)
1961年生まれ。インドのコルカタ大学卒、ジャワハラール・ネルー大学修士課程修了。88年に米ハーバード大学で経済学の博士号(Ph.D.)を取得。2019年、マイケル・クレマー米ハーバード大学経済学部教授、配偶者でもあるエステル・デュフロMIT経済学部教授らとノーベル経済学賞を共同受賞。専門は開発経済学と経済理論。近著に共著『絶望を希望に変える経済学』(日本経済新聞出版)。

 長年のランダム化比較試験(RCT)を使った実証研究が、貧困緩和に貢献したとして2019年にノーベル経済学賞を共同受賞した米マサチューセッツ工科大学(MIT)のアビジット・バナジー教授。最終回の今号は、ベーシックインカムの是非について議論する。

ベーシックインカムの導入に関心が集まっている(写真=PIXTA)