全2469文字

オープンイノベーションには共通の「難所」があり、そこを乗り越えねば成功はおぼつかない。社内、社外でそれぞれ目を配るべきポイントとは。

ヘンリー・チェスブロウ[Henry Chesbrough]
米カリフォルニア大学バークレー校教授(特任)
米スタンフォード大学経営学修士(MBA、最優等)、米カリフォルニア大学バークレー校で経営と公共政策の博士号(Ph.D.)取得。2003年、社内外の知的な協働でイノベーションを起こす必要性を説く「オープンイノベーション」の概念を発表。米ハーバード経営大学院助教授などを経て現職。

 前回、オープンイノベーションがつまずく「死の谷」の存在について論じた米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院のヘンリー・チェスブロウ教授。今回も、オープンイノベーションが失敗する理由をさらに掘り下げていく。

 「協働したいスタートアップの詳細な調査には時間をかけるとしても、パートナーにすると決めたら素早く始めるべきだ。大企業は、相手の株を所有するなどして最初から相手を管理しようとするが、それは相手の信頼を失いかねない。

 私があなたと協働しているとする。私は米P&Gであなたはスタートアップだとすれば、むしろこう呼びかけるべきだ。『私はあなたの株は持っていないし、持つつもりもない。あなたは、私にビジネスを盗まれるという心配をする必要はない』と。

資本以外で「影響力」を

 資本の論理で相手を支配するくらいなら、信頼関係をしっかり築き、資本とは別の『影響力』を相手に与えた方がいい。日ごろのビジネスを通じて、相手が『この会社との協働があってこそ自分たちは成長できる』と思うくらい影響力があれば、資本関係などなくとも自然と相手を味方に引き込める。

 相手を無理に管理しないことに加え、複数の企業と協業する場合は公平に扱う必要がある。オープンイノベーションでは数百ものスタートアップと協働した方がよい場合もある。例えば、スタートアップに共通のエコシステムや基盤を創るなら、全社を公平に扱い、全社にとって使いやすく、メリットがあるものでなければいけない」