全2511文字

既存事業で収益をあげながら、新規事業を育てて中核事業へと育てていく両利きの経営。最終回ではさらにそれを解剖し、ほかの経営理論との相違点を考察する。

チャールズ・オライリー[Charles A.O’Reilly]
米スタンフォード大学経営大学院教授
米カリフォルニア大学バークレー校でMBA(情報システム専門)、組織行動論で博士号(Ph.D.)取得。米ハーバード経営大学院などを経て現職。コンサルティング会社、Change Logic社共同創業者。(写真=村田 和聡)

 既存事業で十分に収益をあげながら、新規事業で稼ぐ力をつけていく「両利きの経営」。提唱者である米スタンフォード大学のチャールズ・オライリー教授は、両利きの経営の中で重要な3つの段階(着想・育成・規模拡大)を、ほかの経営理論や進化論を引き合いに出して解説する。3つの比較の前にまずはオライリー教授に「イノベーションの3段階」という考え方を聞いてみよう。

見つけて、実行して、やり直す
●オライリー教授の考える「進化のための発展段階」
出所:オライリー教授の解説を基に本誌作成

 「イノベーションストリームとは、イノベーションの累進、建設、そして激変、の3段階のことだ。このうち最初の累進は1つの技術を磨いていく段階で、進化ではあるが、本格的なイノベーションではない。それは2番目の『建設』で始まる。『建設的なイノベーション』は経営学者のクレイトン・クリステンセン氏が言い始めた。既存技術を従来と違った使い方をすることだ。

 使うのは既存技術なのだが、使い方を変えることでイノベーションを生む。ただ、建設的なイノベーションは、第3段階の激変的イノベーションまでは行かない。これはこれまでに全くない完全に新しい技術のことを指す。