深層学習により、AI(人工知能)が実用化に向かって急速に進歩している現代社会。人間の抱える社会課題の解決には、AIはどのように役立つだろうか。

マイケル・オズボーン[Michael Osborne]
英オックスフォード大学機械学習教授
2010年、英オックスフォード大学で機械学習の博士号を取得(Ph.D.)。同大学でポスドク、リサーチフェローなどを経て12年准教授、19年から現職。日本のAI(人工知能)ベンチャー、エクサウィザーズの顧問も務める。

 深層学習によるAI(人工知能)の高度化とともに、急速に変化しつつある現代社会。そんなタイミングで、新型コロナウイルスの感染拡大により、なるべく対人接触を避ける風潮がある意味で後押しとなり、「機械とデータによって成長していく経済」が本格的に幕を開けようとしている。

 マイケル・オズボーン英オックスフォード大学教授は、AIによって新しい手法やビジネスが実現していく経済を「AIドリブン経済」と表現する。一方で、世界的にはSDGs(持続可能な開発目標)を念頭に置くことが企業経営の大前提となっており、AIがいかに社会課題の解決に貢献できるかについても、多くの専門家による研究が進んでいる。貧困・格差や地球温暖化といった社会課題に対してAIが果たす役割について、オズボーン教授はどう見ているか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1856文字 / 全文2442文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。