社会的影響に配慮しない企業経営に対する投資家の目が厳しくなっている。社会課題解決ビジネスに収益を期待して資金を投じる動きも出てきた。とはいえ表面的な「配慮」は、かえって企業価値を低める可能性がある。

ジャズジット・シン[Jasjit Singh]
仏INSEAD戦略教授
インド工科大学デリー校と米ジョージア工科大学でダブル修士号を取得、米ハーバード大学で経済学修士、同経営大学院でビジネス経済学の博士号を取得(Ph.D.)。戦略、イノベーション、持続可能な開発、社会インパクト投資が専門。2004年から現職。

 ESG(環境・社会・統治)の広がりで、企業が環境や人を傷つける経営をすることや、その基盤となるコンプライアンス整備に消極的なことに対して、投資家や消費者の目が厳しくなってきた。さらに、「(社会)インパクト投資」という、ESGより一歩進んだ、社会課題の解決が第一目的である事業・投資スタイルも現れている。

 従来との違いは、寄付のように資金を提供するだけに終わらず、投資や事業活動として社会課題に取り組むこと。実際にどの程度解決に役立ったか、投じた資金からどのような収益が得られるかの立証にも強い規律が求められる。仏INSEADのジャズジット・シン教授による最終回は、インパクト投資と社会課題解決ビジネスについて聞いていく。

社会課題の「解決力」に注目して投資
●投資スタイルや目的、慈善活動との違い
出所: Julia Balandina Jaquier著 『Catalyzing Wealth For Change: Guide to Impact Investing』(2016年)から本誌作成

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1918文字 / 全文2497文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。