社会課題の解決を目的とするビジネスに注目が集まる。最近は、社会課題の解決を本業とするビジネスを投資対象に組み込む動きも見られる。最前線の議論を追う。

ジャズジット・シン[Jasjit Singh]
仏INSEAD戦略教授
インド工科大学デリー校と米ジョージア工科大学でダブル修士号を取得、米ハーバード大学で経済学修士、同経営大学院でビジネス経済学の博士号を取得(Ph.D.)。戦略、イノベーション、持続可能な開発、社会インパクト投資が専門。2004年から現職。

 国連のSDGs(持続可能な開発目標)の浸透などを通じ、社会課題の解決を目指すビジネスが本格的に脚光を浴びつつある。これまでもマイクロファイナンスをはじめ社会的企業(例えば清潔な水を貧困地域に安価に提供する事業など)、CSR(企業の社会的責任)、CSV(共有価値の創造)、ESG(環境・社会・ガバナンス)と様々なコンセプトが登場してきた。最近注目されているのが「社会インパクト投資」である。社会課題解決ビジネスに詳しいフランスのビジネススクール、INSEAD(アジアキャンパス)のジャズジット・シン教授に話を聞いていく。

 「ESGは、環境、社会、そしてガバナンスを意味する。会社が社会にどう影響を与えているかを見極めるうえで重要な3つの側面だ。伝統的な経済取引では、お金を稼げている限り顧客の役に立っているから、既に社会に対して価値を創出できていると考えてきた。だが世界は、企業の財務データの数字を測るだけでは不十分だと考えるようになっている。

儲け主義の会社は評価されぬ

<span class="fontBold">慈善か投資を通したサポートか、それとも……</span>(写真=PIXTA)
慈善か投資を通したサポートか、それとも……(写真=PIXTA)

 ESGのEは環境で、環境に対してどう影響を与えているかだ。ESGの概念では『E』としてほかと切り分ける。2番目のSは、社会のステークホルダーに与える影響に対して、どのような実績を出しているのかだ。『S』は従業員であり、取引先であり、コミュニティーでもある。そして『G』はガバナンス、つまり企業経営そのものだ。適切に会社を経営することである」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1674文字 / 全文2520文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。