組織が変化に対応する力「ダイナミック・ケーパビリティ」。企業がそれを高めるには、リーダーはどのような能力を磨けばよいのか。米カリフォルニア大学バークレー校のデビッド・ティース教授に聞く。

デビッド・ティース[David J. Teece]
米カリフォルニア大学バークレー校経営大学院教授
1975年米ペンシルベニア大学で経済学博士号取得(Ph.D.)。米スタンフォード大学、英オックスフォード大学を経て82年から現職。200本以上の論文を発表、産業組織論、技術変革研究の世界的権威。

 組織や経営者が変化に対応する技能を指す「ダイナミック・ケーパビリティ」。提唱者である、米カリフォルニア大学バークレー校のデビッド・ティース教授は、その技能の核は、センシング(察知)、シージング(捕捉)、トランスフォーミング(変容)の力であると説明する。では、組織が事業機会を察知し、捉え、動きやすく変わるために必要なリーダーシップとはどのようなものか。変化の著しい自動車業界を例に、ティース教授が解説する。

 「(会社中を社内起業家で満たす)中国・ハイアールの『人単合一モデル』は、多品種生産の方がうまくいきやすい。トヨタはハイアールよりも製品の種類が多いから、トヨタでも使えるのではないか、と前回指摘した。自動車業界は今、激変している。今後、事業機会を素早くつかみ続けるには、様々な“資源”を商品やサービスに変える起業家が社内にますます必要になる」

 確かに、自動運転技術、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)など新しいキーワードが次々と生まれている自動車業界は今、最も変化の激しいカテゴリーだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1851文字 / 全文2559文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。