AIアルゴリズムなどの開発に携わる、米スタンフォード大学経営大学院のスーザン・エイシー教授。AIがもたらす国家間の緊張や開発競争、そしてメリット・デメリットとどう向き合うべきかなどについて聞く。

スーザン・エイシー[Susan Carleton Athey]
米スタンフォード大学経営大学院教授
1970年生まれ。2007年、40歳以下の最も優れた米国経済学者に贈られるジョン・ベーツ・クラーク賞を女性で初めて受賞。6年間米マイクロソフトのチーフエコノミストを務めた。専門は産業組織論。

 アルゴリズム研究を通じて、AI(人工知能)が社会によりふさわしい結果を出すための研究に携わる、米スタンフォード大学経営大学院のスーザン・エイシー教授。最終回は、AIがもたらす国家間の緊張や競争、そしてAIがもたらす影響とどう向き合っていくべきかについて、エイシー教授に聞く。

 まずは、米中間で高まっているとされるAIの開発競争。研究の最前線にいるエイシー教授はどうみているか。

 「AIコミュニティーでは、規模の経済が働くことが極めて重要である。例えば(グーグルなどのような)巨大なテック企業が米国に次々現れる一方で、欧州からは出てこないことにも、ここに多くの理由がある。欧州市場は、投じる研究開発費用に見合う市場規模がないというのが、スタートアップが盛んにならない理由の1つである。米国市場は投資に見合う。十分に規模が大きい」

 つまり、AIに対する投資は、研究開発費用が膨大な場合もあるだけに、国の市場規模が成果に直結するということだ。言い換えれば、AIは大国に有利な、大国向けの技術。となれば、米国にとって中国は大きな脅威になる。

 「中国市場は米国市場よりさらに大きいし、技術面でも、教育向けの技術では米国の先を進んでいる。中国では、子供の教育に最先端の技術を使いたい人が多いからだ。そのため、中国にはいわゆる教育技術関連のAI開発に取り組む幅広いスタートアップが存在している。AIの学習のためには、ユーザー数が多ければ多いほど、それだけ違った組み合わせを使った実験が試せる。

 それは同時に、ユーザーがより多ければ、より早く進化するということにもなる。だから、中国が、技術の一部ではいったん米国に追いついたとしても、全く不思議ではない」

 さらに、中国では欧米社会ほどプライバシーが重んじられていないため、米国ほど気を使わないで実験を展開することが可能とされる。しかも中国人自身がまだ、一般的にはあまりプライバシー侵害を気にしないとされる。これもAI開発では大きな強みになる。ただエイシー教授自身は、AI開発を国家の覇権争いという視点では捉えていない。

続きを読む 2/2 「デュアル」な用途に注視を

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1257文字 / 全文2609文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。