全2533文字

AI(人工知能)技術の急速な発展が報じられ、漠然とした不安が広がっている。最新の研究を基に、米エール大学経済学部の伊神満准教授がAIとビジネスの関係を検証する。

伊神 満 [いがみ・みつる]
米エール大学経済学部准教授
1978年生まれ。東京大学卒業後、証券アナリストを経て米カリフォルニア大学ロサンゼルス校で博士号(Ph.D.)取得。専門は産業組織論。著書に『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』(日経BP)。