デジタル時代の起業の要諦を解説する米ハーバード経営大学院のスコット・コミナーズ氏。今の時代の起業家には、市場分析力・最新技術への感応力・多様な資金調達力といったスキルが重要と説く。

スコット・コミナーズ[Scott Duke Kominers]
米ハーバード経営大学院准教授
米ハーバード大学で数学を専攻、2009年に最優等で卒業。10年に同経済学修士、11年に経済学博士(Ph.D)。米シカゴ大学、ハーバード大学フェローなどを経て17年から現職。

 起業のタネをどう見つけ、どう育てていくか。米ハーバード経営大学院で「起業マネジメント」を教える気鋭の学者、スコット・コミナーズ准教授が3回にわたって解説してきた本講座。最終回は、デジタル時代の起業家が成功するために必要な力を考察する。

 「まず、参入する市場が現時点で地域限定だったり期間限定だったりして狭かったら、起業のチャンスと考えよう。講座①や②で、デート市場や中古車市場を例に『摩擦により失敗している市場』の話をしたが、失敗は往々にして取引されるものの流動性(取引対象の層)が限定されていることから起きる。少し市場を広げ、より広範囲に取引する対象(交際相手候補やマイカー候補)と出会える仕組みにすれば、取引機会を創造できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1954文字 / 全文2505文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界の最新経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。