「人材を成長させるには、 成長型のリーダー選びで 組織としての決意を示せ」

 ロシアのウクライナ侵攻で、世界秩序は再び大きく変わろうとしている。エネルギーの安定供給と地球温暖化問題を同時に解決する道を探らねばならない。他方、人口高齢化による社会経済の変容という人類共通の難題に日本が最初に取り組む必要がある状況は不変だ。

 そのような中、国力の要として人材力が注目されると同時に、日本の現状への危機感も強まっている。政府も人への投資の重要性を唱え、経済団体も、起業の推進や労働移動の円滑化を提唱し始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1129文字 / 全文1385文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。