「短期収束は予測できず。 新型コロナ対策への投資は、 企業の競争力を高める」

 政府であれ、一般市民であれ、企業であれ、誰もが新型コロナウイルスのパンデミック(感染大流行)は変異型「オミクロン型」が最終段階だと考えたいだろう。だが、それはまだ誰にも分からない。だがこの考え、または希望が、政府や企業の計画や意思決定の貧弱な基盤になっている。政府や企業は、慎重なリスクマネジメントの観点からパンデミックを考えなければならない。

 新型コロナ流行に短期的な希望的観測が広まっているようだ。残念だが、オミクロン型に関する科学的根拠は、「感染力が高いが強毒性は低いから危険性は低い」との希望的観測を証明するものではない。科学的根拠が示すのは、オミクロン型は以前出たデルタ型から変異したのではなく南アフリカでの感染流行でデルタ型と並行して変異をとげたことだ。次も同時並行で変異するかもしれず、弱毒化するか強毒化するか予測はできない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り957文字 / 全文1371文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。