「Z世代の台頭に期待。 『アニマルスピリット』を 今こそ取り戻すチャンス」

 ジェネレーションZ(Z世代)と呼ばれる若者が社会に進出し始めた。1990年代後半から2000年代に生まれた世代を指す言葉だ。1995年生まれは現在26歳。新卒で入社した人ならようやく仕事を任され始めた頃か。総務省統計局によると、2019年10月時点で10歳から24歳だった人の合計は約1756万人。日本の総人口の約14%がZ世代という計算だ。

 米国ではおおむね15年刻みで世代を考える。区切り方には諸説あるが、1960年代後半から70年代に生まれた世代をジェネレーションX、80年代から90年代前半生まれをジェネレーションYと呼ぶ。XYZは一続きに思えるが、私は「XY」と「Z」との間に大きな断絶があると考える。Z世代は物心ついた頃からインターネットが当たり前に存在した、デジタルネーティブだからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2263文字 / 全文2675文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。