「女性活躍推進は手段。競争力の強化が目的だ。時代に適合した経営志す」

 「女性の役員比率が何%を超えた」という数字にどれだけの意味があるだろうか。海外では性別を基準に一定の比率を割り当てる「クオータ制」を導入する国も多い。ただ、体裁を整えても、実態がついてこなければ何の意味もない。

 国内でも女性活躍推進だとか、ジョブ型採用だとか盛んにいわれているが、これはあくまで手段であって目的ではない。目的は、人材を活用して企業を成長させ、競争力を強化すること。そのために必要な雇用システムは会社の文化や社会の慣習で大きく変わる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1199文字 / 全文1466文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。