「夢は義に基づくもの。義を肝に銘じ誠実であれ。『利』は後から付いてくる」

 日経ビジネスの2021年1月11日号では「『光』『挑』『復』……経営者・識者が選ぶ2021年の一文字」という記事が掲載された。私もこの記事のために、21年への期待・展望を込めた一文字を考えた。

 いや、考えるまでもなかった。浮かんだのは「夢」という文字だ。コロナ禍によって世界は不透明に、そして不安に満ちている。こんな時だからこそ、行き先を指し示す光となるような夢が、人、そして企業には必要だ。

 青春とは人生のある期間のことではなく心の持ち方を言う──。米国の詩人、サミュエル・ウルマンの「青春」の一節だ。年齢なんて関係ない。創造力や強い意志、情熱、勇気、冒険心を持っていれば、そのときが青春なのだ。私の夢は「空のシルクロード」を作ること。コロナ禍で少し足踏みしてしまったが、必ず実現できると思っている。青春の気概を持って夢にまい進したい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1015文字 / 全文1430文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。