全1505文字

「人生100年時代に80歳はあくまで通過点。新しい世界に適応続ける」

 私事で恐縮だが、来月15日に80歳の誕生日を迎える。残り1カ月を切ったこともあり、友人や社内から「傘寿おめでとう」と祝福される機会も増えてきた。私自身、意識はしてこなかったが、健康な状態で80歳を迎えられそうなことを感謝しているところだ。

 ひと昔前ならば60歳の還暦が、長寿の節目と考えられてきた。今は「人生100年」と言われる時代だ。80歳ですら人生の通過点なのかもしれない。日本人の平均寿命は男女共に80歳を超えている。単純計算では日本人の過半数が傘寿を迎えるわけだ。

 ただ80歳となる立場からすると、2000年に還暦を迎えた際に近い感覚を抱いている。こう感じるのは、カプコンやワイナリーの経営で多忙な日々を送っているからかもしれない。20年間で医療の進歩の恩恵もある。日本では世界トップレベルの医療を受診できる環境が整っている。私が100歳を迎える20年後にはさらに進化するだろう。40年には「人生120年時代」と言われていてもおかしくない。