「本当の変化はこれから。納得と共感で導くリーダーの役割が重要に」

 新型コロナウイルスの感染状況は変化しているが、我々が手掛ける食品スーパーは業績好調が続いている。3月以降7月までの売上高は毎月、前年同月を大きく上回っている。

 消費者の生活様式は大きく変わった。不要不急のものは買わない。必要なものを、使い勝手がよく、信頼できる店で購入する。こうした傾向はこれからも継続するだろう。

 7月以降、再び感染者数が増えているが、我々は社会のインフラとしての役割をあらためて認識している。店舗では感染が起きないよう対策を施しており、実際に店舗での感染は起きていない。しかし、友人との会食が原因で一部の従業員の感染が明らかになり、数店舗を一時的に閉めなければならなくなった。今や誰しもが感染リスクにさらされているが、毎日の買い物でご利用いただいている近隣のお客様に迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳なく思っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1038文字 / 全文1447文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。