「今こそ自信を持って新しいことに挑もう。異端児だっていい」

 新型コロナウイルスの影響拡大に伴い発令された緊急事態宣言が、ようやく解除された。

 以前このコラムで触れたように、私が全日本空輸(ANA)の社長だった2003年には重症急性呼吸器症候群(SARS)が世界的流行の兆しを見せており、航空業界は大きな打撃を受けた。今回のコロナ禍は、SARSとは比べものにならないほど深刻だと痛感している。

 国際航空運送協会(IATA)によれば20年、世界の航空業界の損失額は約843億ドルにのぼり「航空史上最悪の年」になるという。その後も、以前の世界に戻るとは考えにくい。人々の社会生活や価値観が変容した「ニューノーマル」の時代にどう対応していくか。経営も、従来の経験や常識に頼って安定飛行できる時代は、もうやってこないと覚悟している。比類なき影響をもたらしたコロナ禍だが、嘆いてばかりもいられない。様々な企業が自己変革に挑む必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1065文字 / 全文1483文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。