「海外進出が必須の日本 成功のカギは独自性 参入分野を見極めよ」

 私が身を置くゲーム業界の話で恐縮だが、9月12日から幕張メッセ(千葉市)で国内最大のゲーム見本市「東京ゲームショウ2019」が開かれた。これまでも高性能化が進んできたゲーム業界だが、新たなパラダイムシフトを迎えつつある。次世代通信規格「5G」だ。

 高速・同時多接続・低遅延といった特徴を持つ5Gにより、ゲーム操作などのデータ処理をサーバー上で処理する「クラウドゲーム」が可能になる。新たなユーザー体験をもたらすだけでなく、携帯電話やゲーム機の姿を変えてしまう可能性を秘めている。カプコンでも、商機を捉えるべく研究開発を加速しているところだ。

 東京ゲームショウは、業界のグローバル化に歩調を合わせ、対象を日本やアジアの枠を超え、拡大してきた。クラウドゲームなどの新技術は当然、海外でも導入が進みつつある。国内市場は重要だが、視野は常に海外にも広げておく必要がある。ゲームやアニメなどのコンテンツ輸出は、日本政府も旗振りをしており期待も大きいのではなかろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1010文字 / 全文1480文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。