「変化の激しい時代、『8P』の正しい実行が経営者には必要だ」

 一昨年、現代マーケティングの第一人者として知られるフィリップ・コトラー教授と話をする機会があった。彼の提唱するマーケティングの「4P(製品、価格、プロモーション、流通)」や「7P(4Pに人材、業務プロセス、フィジカルエビデンスを加えたもの)」というフレームワークをご存じの方も多いだろう。

 これになぞらえて、私は変化のスピードが速い今を勝ち抜くために経営者に必要なこととして、8つの「P」が重要だと考えている。

 世の中の現実を正確に写真に収めるように、経営者が市場環境や経済状況・技術進化などを客観的に、かつありのままに把握する「Photo」。そして現状認識をベースに将来を予測する「Predict」。現状に対応し、かつきたるべき変化に備え、ビジネスプランを構想し、具体的な経営計画に落とし込む「Plan」。立案した計画を実行できる優れた人材を育成し、社員一人ひとりに会社の方向性について明確なメッセージを発信する「People」。そして成功に導くために、全力を尽くし実行する「Perform」。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1010文字 / 全文1499文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。