全2753文字
不動産、農業、建設など巨大で非効率な産業を今後大きく変革するのはスタートアップ企業である。既存の大企業はよく目利きをし、自前主義を捨て効率的に大きく伸びる会社へ投資して戦うべきだ。
松尾 豊[まつお・ゆたか]
東京大学大学院教授
2002年東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。米スタンフォード大学客員研究員などを経て、19年4月から現職。ディープラーニングなどAI研究の第一人者。(写真=山下 裕之)

 ここ数年の状況を見ていると、AI(人工知能)スタートアップ企業と日本の大企業によるオープンイノベーションは、既に手遅れだと感じざるを得ない。日本の大企業はAI活用の以前に、そもそもIT(情報技術)を活用できていない。インターネットにしろ、クラウドにしろ、取り入れるのがとても遅かった。

 ディープラーニング(深層学習)などのAIやIT関連技術は今後ますます重要になり、いずれ使わざるを得なくなる。だが、企業が抱える課題を解決するツールとしてのAIであれば、AIスタートアップが技術を提供できる。時間の経過とともに、大企業におけるAIソリューションの活用自体は進むだろう。

日本人は子供のレベル

 だがグローバル水準のAIオープンイノベーションの世界では、日本企業にもはや勝ち目はない。日本人は、いわば「ちゃんと起きなさい」と促されなければ朝起きられない子供。だが世界では「長時間トレーニングしてこういう人と会い、3カ国語をマスターしなさい」と日々訓練されていく。蓄積されているスキルのレベルが全く違う。