翻訳精度や発話品質で勝負

端末の販売は続けるのですか。

 併売します。スマホはアプリを立ち上げたり、パスワードを解除したりと手間がかかる。端末にはすぐ起動できる即時性があります。1台を複数人でシェアしやすい点も含め、病院などでのニーズは高いです。

 端末はマイクにノイズキャンセリング機能を付けていて、騒がしい場所でも圧倒的に音を拾います。翻訳結果が流れる際のボリュームも大きい。悪い点としては、物流が必要だとか、認証を取る必要がある、といった点ですかね。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4237文字 / 全文5284文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。