東芝再編案、企業価値が軸

非上場化を含む再編案は、国内外のファンド4陣営を候補とする第2次の入札過程に進んでいます。何を最も重視して選びますか。

 マルチステークホルダー(会社に関わる各利害関係者)としての企業価値の最大化、それ以上でも以下でもないですね。私が示した事業計画に対して「1ミリでも外れた案ではいけない」とは一切考えていません。最良のプランを採用したいですね。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3867文字 / 全文5486文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。