ハリネズミの法則は多角化を否定しているわけではありません。①心から情熱を持てること②世界一になれること③経済的競争力を強化できること──という3つの条件に該当する事業に企業の資源を集中させることを指しています。

 そして法則に基づいて見定めた事業を重い弾み車のようにひたすら押して回します。得た収益は、その事業の発展に再投資し、数百回、数万回と回すことで成長に勢いがついてくるのです。魅力的な新規事業が出てきたからといって、弾み車を捨ててすぐ乗り換えるのは禁物です。

 弾み車を回し続けていると、派生あるいは拡張するかたちで、新たな事業が出てくることがあります。3つの条件を満たし、会社の長期的成長を促す新規事業であれば進出することに何の問題もありません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3896文字 / 全文5537文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。