日本在住20年超の知日派研究者は、これまでに日本企業6社の社外取締役を務めてきた。日本の変化の遅さをしった激励しつつ、今日の企業が抱える課題に率直に切り込む。「おじさん経営」を改めることが再成長に欠かせないと説いた。

(聞き手は 本誌編集長 磯貝 高行)

(写真=的野 弘路)
(写真=的野 弘路)
PROFILE

クリスティーナ ・アメージャン[Christina L. Ahmadjian]氏
1959年生まれ。81年米ハーバード大学卒業。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』を著したエズラ・ヴォーゲル氏の勧めで来日し、82年から三菱電機で勤務。87年米スタンフォード大学経営大学院でMBA(経営学修士号)、95年米カリフォルニア大学バークレー校でPh.D.(博士号)を取得。95年米コロンビア大学経営大学院助教授に就任。2004年一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。18年から同大学院経営管理研究科教授。専門研究テーマは、比較コーポレート・ガバナンスや資本主義システム、日本のビジネスおよび経営。現在、日本取引所グループ、住友電気工業、アサヒグループホールディングス、NECの社外取締役を務める。日本在住20年超。

コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)が6月に改定され、2022年4月に創設するプライム市場では取締役の3分の1以上を社外取締役にするなどの基準が求められます。日本取引所グループなど4社で社外取を務める立場から、どう評価していますか。

 もちろんいいことだと思います。ルールがないと日本の企業はなかなか動きませんから。

 日本企業のガバナンスは数値目標を追いがちです。女性の登用人数やESG(環境・社会・ガバナンス)、取締役の知識や経験を一覧にしたスキル・マトリックスに一生懸命取り組んでいる。それは大事なのですが、表面的な取り組みになりがちです。

外形的に「弁護士1人」「女性も必要」という感覚の企業もあるのでは。

 建前ではなく、「会社にとって何が重要で、どのような人材が必要か」という議論が欠かせない。しかし、そうしていない日本企業が少なくない。

現在の東証1部企業が該当するプライム市場への上場は、流通株式比率などの要件も厳しくなります。

 これも非常にいいことです。海外投資家の間では東証はルールが緩いのではないかとの見方が多かった。プライム市場のレベルやルールを世界水準に引き上げ、その次に位置付けるスタンダード市場などに上場する企業が追従するのだと思います。

続きを読む 2/4 CEOを解任する役割も

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4199文字 / 全文5490文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。