中西氏との「義」を貫く

 経団連会長は個々の利害を超えて公のために尽くすのが務めです。住友グループには「自利利他公私一如」との社訓があり、事業が自らのみを利するものであってはならない、広く地域社会・国家を利するものでなくてはならない、そうたたき込まれてきました。だから、ここは「義」を貫くべきだと思いました。

周りの方には相談されましたか。

 最初に妻に伝えたら、激務になることを見越して猛反対されました。ただ、やると決めてからはサポートしてくれています。弟(東京大学の十倉好紀特別栄誉教授)にも相談しました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3382文字 / 全文4450文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。