ティア1になって見えたもの

<span class="fontBold">樹脂材料など軽量化技術を活用したEVのプロトタイプ</span>
樹脂材料など軽量化技術を活用したEVのプロトタイプ

 課題は利益率です。16年には10%ほどあった利益率が、落ちています。工場への投資による償却負担が重くなり、新しい作業者が増え生産性が落ちたことがその主な原因です。そうやって苦しんでいたタイミングにコロナが来た。ただ、改善の方向は見えています。自動化と内製化をこつこつと進めていけば、利益率はまた上がってくると見ています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3390文字 / 全文4510文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。