解剖学の知識を交えて社会現象を解説し、歯に衣(きぬ)着せぬ語り口に多くの人が耳を傾けてきた。誰もが戸惑ったコロナ禍に、どう向き合ったのだろうか。人生とは、仕事とは何か。今こそ根源的に考える時だと説く。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=北山 宏一)
(写真=北山 宏一)
PROFILE

養老 孟司[ようろう・たけし]氏
1937年神奈川県鎌倉市生まれ。栄光学園中高を卒業後、東京大学医学部へ。同大名誉教授。専門は解剖学。89年『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞。2003年に出版した『バカの壁』がベストセラーに。『唯脳論』『身体の文学史』『遺言。』など著書多数。

新型コロナウイルスの感染拡大で私たちの生活は一変しました。養老さんはどのようにお過ごしでしたか。

 静かにしていましたよ。猫みたいに。テレビを見る時間は増えたかな。

コロナが社会に与えた影響についてはどう考えていますか。

 両面ありますね。良いほうでは人との距離を見直そうというのがあります。田舎に行く人が増えたでしょう。そういうのは良いほうじゃないかなと思います。

悪いほうというのは。

 皆さんご存じの通りですが、社会や経済の活動が落ち込んでしまうところでしょう。日本の場合、ただでさえデフレで陰気だったのに、どんどん縮小傾向になってしまいますから。まさに負のスパイラルです。コロナが来て、この後、どの程度の不況になるのか。やはり大きな問題でしょう。

世界情勢は不安定になりますね。

 2度目の世界恐慌になりかねない。もうなっているのかな。この状態は。

半分入りつつあるような雰囲気ですよね。米国の大統領選挙はバイデン氏が制しましたが、これで米中対立が緩和するというわけでもなさそうです。そんな世界で日本はどのように立ち回るべきでしょうか。

 今はじっとして隠れているのが一番利口でしょう。力があればともかくとして。僕ならそうします。余計なことは一切しない。鎖国が一番いいですよ。

続きを読む 2/4 根本に戻るという選択肢
日経ビジネス2020年12月7日号 60~63ページより目次

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。