アライアンスで気が緩んだ

今期もかなりの赤字が出る見込みです。理由はコロナだけではない。

 まず、もうからない体質になってきていたというのが大きいところです。550人の希望退職を募ったのも、新型コロナウイルスの影響ではありません。益子さんから今後の経営計画を考えてほしいと言われ、19年に現在のポジションに就いた時に、こういった構造改革に着手しないとだめだな、と感じていました。

 拡大戦略で2年、3年と続けていたので、固定費が増えてしまった。収益よりも少し夢を追っていました。お金が出ていってしまっても新しい車を造ればいい、(日産自動車、仏ルノーとの3社連合の)アライアンスに入ったので大丈夫だと考えてしまっていたのです。

 ですが、そこはやっぱり間違い。マインドが少し緩むと、どんどんお金を使い始めてしまいます。建屋もオフィスもいっぱい借りてしまい、間接人員がこの2〜3年で2000人も増えてしまいました。去年、ふたを開けてみたら、そういう固定費の増加が400億~500億円あった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3202文字 / 全文4532文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。