「とんがれ」の継続は正解

外部環境は厳しいですが、家庭向け、特に「黒ラベル」の缶が好調です。ビール離れの中、なぜ伸びているのですか。

 黒ラベルの缶の販売数量は今年、6年連続の前年超えになりそうです。若い層の購入者が増えています。「大人エレベーター」編というテレビCMを10年続けてきた地道なブランド・コミュニケーションの結果だと思います。今のビールのCMには飲んで「うまい!」というだけの単純なものが多いのですが、うまいのは当たり前です。我々は「丸くなるな、星になれ。」というコピーで、「とがった人間でいろ」という、ブランドとしての主張を、いろいろな出演者の声を借りて伝え続けてきました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3530文字 / 全文4716文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。