横浜銀行と東日本銀行を傘下に置くコンコルディア・フィナンシャルグループのトップ。資産規模で地方銀行2位の横浜銀と3位の千葉銀行が提携し、新たな地域連携を模索する。地銀が直面する「三重苦」をどう乗り越えていくのか。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=吉成 大輔)
PROFILE

川村 健一[かわむら・けんいち]氏
1959年生まれ、82年横浜国立大学経済学部卒、横浜銀行入行。新横浜支店長、融資部長、リスク統括部長などを経て、2013年取締役執行役員、15年取締役常務執行役員。16年6月、頭取。横浜銀の歴代頭取は、大蔵省(現財務省)出身者だったが、初の生え抜き頭取となった。18年、横浜銀と東日本銀行を傘下に置くコンコルディア・フィナンシャルグループの社長に就任し、名実ともにプロパーとしてグループのかじ取り役となった。神奈川県出身。

グループ傘下で地方銀行2位の横浜銀行が3位の千葉銀行と提携を決めました。“強者”連合のニュースには驚きましたが、そこまで銀行経営は厳しくなっているのでしょうか。

 大げさな言い方をすれば、従来の銀行のビジネス構造が崩れかかっている状況だと思います。日銀のマイナス金利政策の影響はありますが、「人口減少」「デジタル化」が重なっていて、三重苦になっています。資本主義の歴史の中で、人口が減るとか経済規模が縮小するとかは経験が乏しい。金融は、様々なものが増える前提で出来上がっている資本主義経済の中核。そうである以上、変わらざるを得ません。

 デジタルは、預金、貸出、為替という銀行の三大業務を浸食しています。デジタル化の流れは銀行業の在り方を崩しているんです。

そんなところに金利がマイナスまで低下してしまった。

 そうです。6~7年前は短期のインターバンクレート(銀行間で資金をやりとりする際の金利)が0.3%ほどでした。預金で集めた金を短期金融市場に出すだけで、それだけの金利が得られたのです。横浜銀行は預金が13兆円ぐらい。貸し出しは11兆円ぐらい。

 実際にはあり得ませんが、企業向け融資などよりも金利が低いインターバンクレートで10兆円貸し出すだけで300億円の金利が得られます。神奈川県内にある横浜銀行180店とATM500カ所を運営できる計算になります。

 それが今ではゼロです。デジタル化して来店客数が減っているので、店舗に用はないという以前に、そういうサービスを提供する力が落ちてしまった。日本の銀行の構造は変わらざるを得ないし、意識して変えないと持ちません。

続きを読む 2/3 さらに大きな地銀グループも

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3412文字 / 全文4624文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。