日本人は人がよすぎる

<span class="fontBold">商社は日本の産業界の縮図。 早く手を打たないと大変なことになる。</span>(写真=的野 弘路)
商社は日本の産業界の縮図。 早く手を打たないと大変なことになる。(写真=的野 弘路)

もっともうけられるのに、日本はその機会を逃しているということですか。

 ほかにも例があります。紳士服向け毛織物の産地、尾州(愛知県西部)のある会社は、すごく複雑な生地を作って、フランスの「エルメス」や「ルイ・ヴィトン」といった高級ブランドに売っていました。

 ブランド側は頂点のごく一部の商品にだけ尾州の生地を使い、ボリュームゾーンの商品には中国の生地を使っていました。複雑な生地なので失敗もあり量は作れません。しかもコストがかかる。それでも尾州の会社は技術は素晴らしいと言って、自己満足している。

 一方、中国は定番の生地をたくさん作る。生産が安定して手間がかからないから、利益率は低くても利益額は大きい。この話も、人がいい日本人の典型的な話でしょう。

なぜ日本人は損な役割に回ってしまうのでしょうか。

 中国の友人とこういう話をしました。子供の教育で中国は「人にだまされるな」と教え、韓国は「人に負けるな」と教える。日本は「人に迷惑をかけるな」という。この言葉が象徴的ですね。

 ただ、見方を変えれば、高い技術力、そして勤勉さ、誠実さを生かせば必ず日本は再生すると確信を持っています。

具体的に日本企業に足りないのは何でしょうか。

 マーケットインの考え方です。1社単独でなくても、日本企業が協力し合って、キーデバイスから最終完成品まで手掛けるべきだと思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2927文字 / 全文4624文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。